MENU

「急な下痢」「便秘」「お腹のハリ」などの”過敏性腸症候群”の症状を今すぐどうにかしたい!とお悩みのあなたへ

「急な下痢」「便秘」「お腹のハリ」などの”過敏性腸症候群”の症状を今すぐどうにかしたい!とお悩みのあなたへ

「急な下痢」「便秘」「お腹のハリ」などの”過敏性腸症候群”の症状を今すぐどうにかしたい!とお悩みのあなたへ

カズさん
2020-09-15
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0
目次

万年急な下痢に苦しめられ続けてきた37歳(男)が”過敏性腸症候群”をナチュラルに克服した物語


あぶら汗が出るほどの猛烈なゲリ痛が襲ってきます。

コンビニのトイレにダッシュで駆け込もうとしますが、表示はなんと赤色の「入ってます」サイン。

ガマンにガマンを重ね、漏らさないように少しでも呼吸をしないように、やっとのことたどり着いたトイレですが、、

入れません。。

絶望です。

もう恥ずかしさなんかどうでもよくなり、前かがみになって悶絶しながらジタバタと足踏みをしていました。

たった3秒待っているだけでも、1分経ったかのような時間間隔です。

もうじっとしていられません。

出るんです。ゆるいのが。。


気を抜いたら。。

もうだめです。

もう諦めました。

完全に諦めて、車に冷静な足取りで戻ります。

座ってしまえば、少し気分が変わります。(これ、分かりますよね?)

そして、2軒目のコンビニへ向かいます。

「バカじゃないの(笑)」と、この気持ちが分からないお腹の強い人達に思われるかもしれませんが、本気でじっとしていることができないのです。

あなたなら分かってくれると思いますが、一刻を争う時にジタバタと待って本気で漏らしてしまう前に勇気ある決断をしなければなりません。

じっとしていると、本当にアウトプットしてしまいます。

だから、動くしかないんです。

そして、車から降りたら勝負なんです。

立っていると、重力の影響をもろに受けるのかわかりませんが、すぐに便意がやってきます。

おかしいことに車の中で座っていれば、少し気が紛れて数分間はごまかすことができます。

だから、わざわざ2軒目のトイレ。いや、、コンビニへ向かうんです。

・・・・・

私の日常ではこんなことが頻繁に繰り返されていました。

おれの腹はどうにかならないものか・・・


もしかしたら、この記事にたどり着いたということは、あなたも同じような経験をされたことがあるのかもしれません。

もしそうなのであれば、このまま先を読み進めてみてください。

私が小さい頃から36歳になるまで、お腹の弱さでたくさんの苦しみや、恥ずかしい思いをし続け、ある日をキッカケにこの症状を克服してしまった物語をお話していきます。

あなたが私のように深刻なお腹の悩みを抱えているのであれば、きっと何らかの役立つ情報が得られると思います。

※ただし、この時点で繰り出される下品な言葉に気分を悪くされたのであれば、今すぐページを閉じられてください。まだまだこの症状の壮絶なドラマで表現せざるシモの言葉が連発してしまいます。

この症状が出始めたのは、小学2年の頃でした


なぜか、学校の給食を食べたあとや、授業中にあの脂汗が出るほどのお腹の痛み(下痢)がやってくるんです。

やはり、何度かはイジメの対象となる可能性の高い「学校のトイレ」でするしか選択肢はありませんでした。

それが嫌でギリギリまで我慢して、下校と同時にダッシュで帰路についていたのですが、、

ある日の帰り道。。

家まであと300mというところで限界に達してしまい、隣接するお城跡の桜並木の影で放出してしまいました。(ちなみに、お尻は拭けませんでした。ティッシュがなかったので…)

「なぜ、僕はこんなにお腹が弱いの??」


と、幼いながらに自分のお腹の弱さに不甲斐なさを感じていました。

中学生になり、たまにですがやはりトイレに行かなくてはならないことが起こります。

中学になるとさらに、「トイレ大に行く=恐怖」です。

トイレの大に入っていることがわかれば最後、その日から「うんこマン」と教室にいる女子の前で馬鹿にされること必至です。

だから、本当にヤバい時は、10分休憩が終わる直前からトイレに行って用を足していました。

帰って来るときは注目されますが、「保健室に行ってた」などのウソをついてなんとか難をしのいでました。

パンパンに張ったお腹のガスを抑えきれない


高校でも、ガスがよく溜まってしまうことを気にしていました。

お腹がパンパンに張り、ガスが外に漏れないように必死で体勢を整えながらこらえます。でもそうすると、どんどんお腹の張りは膨らむ一方ですよね。

そして、お腹の中で「ボコ」「プ~」っとオナラが鳴る。

私の机の周りの人にはよく「あっ屁こいたな(笑)」とニヤっとされていたのだと思います。

「なんでおれだけこんな目に遭うんだ。」

「なんでおれだけこんなに腹をくだしやすいんだ?」

「なんでこんなにもガスが溜まるんだ?」

そう劣等感を感じてはいましたが、、授業中に寝っ屁をする人もいたし、「ガスが溜まっているのはおれだけではない」

そう自分に言い聞かせていました。

というか、治せるものだとは思ってもいなかったので、言い聞かせるしかありませんでした。

恋愛にも支障をきたすように・・・


・・・それから社会人になり、僕は工事現場の仕事をメインにしていました。

やっぱりお腹が弱いので、結構汚ごれた工事用の仮設トイレで放出するのは、息もしたくないくらい本当にイヤでイヤで仕方がありませんでした。

デート中もそうです。

一緒に彼女とランチやディナーを食べたあと”もよおす”んです。

そしてそのあとの、せっかくのお楽しみをお腹の都合で断念したこともあります。

ガスだけの場合の時はまだマシではありましたが、お腹が張ってガスが漏れないようにしなくてはならないので、集中できません。

そんなこともありました。

人生で、何度漏らしてしまったのでしょうか。

そして、幾度と恥ずかしい思いをしてきたのでしょうか。。

もう勘弁してください


コンビニのトイレでそうつぶやいたのは何度目でしょうか。

それから、月日は流れ、お腹は弱くても野心家な私は、ビジネススキルを学びはじめます。

そしてそこで教わる「健康」の重要性を意識するようになりました。

「健康でないと成功できない」

そんな軽い洗脳を受けた私は、思いっきりのめりこみます。

・水を1日1.5L~2L飲む

・トレーニングをする(主に筋トレ)

・ストレッチをする

・瞑想をする(3分~10分)

・野菜ジュースを飲む(フルーツジュースも)

など、ありとあらゆることを取り入れていきました。

ある程度、集中力が持続するようになってきたので、健康にはなった気がしていました。

が、お腹の方はというと、一番の最悪な時期よりは少しはマシになった気はしていましたが、昼食後のお腹のゆるさは常に感じていました。

健康のことは学んでいましたが、この症状をどうしたらよいのか分からなかったですし、それを治せるものだとは、なぜか思わなかったので放置していたのですが、

転機はある日突然訪れました。


あるアクティビティを2週間毎日継続したら、自分の体感ベースですがお腹の調子が変化したのです。

それを3ヶ月程度実践した結果、、、

完全ではないですが、なんと今までの50%は改善された感じ

まだ、不意をついたように、突然あの痛みはやってきますし、ガスも溜まります。便秘気味になることもありますし、排出時間が長いということも気にしていました。

その時は「良かった、良かった改善した」という感じでしたが、このまま完治させられるのか?ということには少し疑問がありました。

それに付け加え、少しハードコアなアクティビティであり、1回につき1時間も時間を消費してしまうので、3ヶ月継続するのでなんとかやっとのことでした。(やると爽快さはあるのですが…)

なので、「少しは良くなったし、たまにやる程度で十分じゃないかな。」ぐらいの気持ちだったので、そのアクティビティが習慣となることはありませんでした。(現在は年間10回もやらないかもしれません)

それから1年後のことでしょうか、

またさらに転機が訪れます。


あるビジネスのメンターから共有された、あるアイテムを知ることになります。

当時は、コンビニのトイレをお借りする回数が減ってはきていたので、そこまでお腹の弱さを悲観的には見ていませんでした。

なぜなら、もっと昔がひどかったから。

なので、ダイレクトに「この過敏性腸症候群を治すぞ!エイエイオー!」という感じではなく、違う目的のためにそのアイテムを使用してみることにしました。(この目的やアイテムはまたあとでお話します)

それを使って実践した結果・・・


気づいたときには、「過敏性腸症候群」の症状が出なくなっていました。

※これは僕個人の体験談であり、すべての人にとって効果を保証するものではありません。

気づいたら、

「あれ??そういえば最近コンビニのトイレ借りることなくね??」

そんな感じなんです。

とはいっても、人生で一度もお腹のことで病院で診察してもらったわけでないので、はっきりとした病名はありませんが、僕がこれまで何年もの間抱えてきた症状は消えてなくなりました。

具体的には、

お昼ごはんを食べたあと、コンビニに駆け込むことはもうなくなりました…


ほかには、

・ラーメン食べても下痢しなくなった

・バイキングでお腹パンパンまで食べても下痢しなくなった

・冷たいものを飲んでも下痢しなくなった

・ガスがたまりづらくなった

・お腹の中でおならが出なくなった

・猛烈な便意でトイレに駆け込んだら、ガスだけだったということがなくなった

・ほぼ毎日お通じが来るようになった

・朝決まった時間に便意が来る時が多くなってきた

・夜の営みでもお腹のことを気にする必要はなくなった

・温泉へ行ってもお腹のゆるさで気にする必要がなくなった

・旅行先でいつ来てしまうのか?という不安がなくなった


そのほか、オシッコをしに行ったのに、”大”ももれなく出てしまいそうになり、仕方なく大の方に移動する羽目になったり・・・

もしくは”ゆるい便”を固くするために我慢するという意味不明な行動をすることがなくなりました。


このように、これまでの強烈なコンプレックスだった

「お腹の弱さ」を感じることは、もはや無くなりました…


ただ、まだトイレに入ってからの放出されるまでの時間が長い、というのをどうにかしたいと思っていて、実は今も定期的に続けています。(要はスルッと出して3分で済ませたい)

そんな私が長年苦しみ続けた症状を克服した喜びを、今も苦しんでいるあなたに役立ててほしいと思っているので、僕が使用している、薬は一切使わない「ナチュラルアプローチアイテム」を公開します。


が、この先は有料です。

なぜなら、僕が今までビジネスや健康に累計何百万円と投資してきて、たまたまこの手軽なアイテムと出会い、症状を克服できました。

ここに行き着くまで、いくらのお金をつぎ込んできたかわかりません。それを簡単にシェアするのは、どうかと思ってしまいます。

なので、価格はそれなりに高額になってしまうことが予想されます。

それに、はっきり言ってこの情報を格安でシェアしたとしても、99%の人は実際の行動に移せないと思います。

なぜなら、格安の情報を信じられないから。

なので、お金を払ってでも本気でどうにかしたい!と思っているあなたにこの先を読んでもらいたいのです。

つまり、ここまで読んでくれたあなたにしっかりと行動してもらえるようにという意図もあり、それなりの金額設定にしています。

病院での治療にかかる費用と時間


想像してみてください。

仮に、病院に行ったとしても、一般的に手術という手段はないようですから、病院通いとなってしまいます。

そこで診断や検査が行われ、生活改善を提案されたり、運動療法、食事療法、心理療法などの指導を受けることになります。

よくお医者さんのサイトで「長期的な視野で治療していくことが必要です」といった文言を見かけますが、症状の経過を見ながらさまざまな療法を試し、薬を服用していく流れのようなので治療費はもちろん、時間もそれなりにかかるのかもしれません。

治療費は保険が適用されるので、そこまで莫大な治療代とはならないでしょう。

ですが、交通費やその都度の検査費用、薬代もかかるので年間数万円は覚悟しないといけないかもしれません。

それに比べれば、この先で語られるノウハウや、私が実践してきたアプローチにかかる費用は格安と感じていただけると思います。

また、私が実践してきたアプローチ法は薬を一切使わず、ナチュラルに自宅でできるものなので、健康面でもメンタル面でも時間面でも経済面でもメリットは多いのではないかと思ってます。

以上を踏まえ、私のノウハウの価格を検討した結果。。。

メールサポート(3ヶ月)付きで9,700円で検討しました。

が、どのくらいの反響があるか分からないですし、今回はじめて公開するものなので、テスト的にその10分の1の価格である970円で公開しようと思います。

※ある一定の数が読まれるようになりましたら、通常価格に戻す予定です。


それで、なぜ私がこのアプローチ法をお伝えしようかと思った理由の1つに

10人に1人が過敏性腸症候群(IBS)


と言われ、ここ日本でも推定1,200万人の方が症状に苦しんでいるといわれています。

私のように若い時から発症する方や高齢者にも多く、そして男性よりも女性の割合のほうが多いとされています。

これを知った時、、

それほど多くの人が私と同じような症状で苦しんでいる。

私が症状を克服したアプローチをお伝えすれば、、伝わりさえすれば多くの人が私と同じように救われるのではないだろうか。

そんな気持ちがあり、この記事を書いています。

ただし、何度もお伝えしますが、強い気持ちで、「症状をどうにかしたいという人だけ」にこの先を読んでほしいですし、中途半端な気持ちで見てほしくもありません。

なぜなら、あなたが抱えている悩みを解決しようとするのは、私と今回出会った機会で最後にしてほしいからです。

なので、価格を9700円から10分の1に下げて、すぐに実践しやすく、金銭的リスクが少ない価格設定にしています。


あなたが実践するのはこの2ステップ


このあとの有料記事でも解説もしていますが、

具体的にあなたが行うことは以下のたった3ステップです。


1:あるサイトで、あるアイテム(1,000円台)を買う

2:2週間朝晩そのアイテムを摂取し1週間様子を見てみる

3:あなたの気が済むまで継続する


とてもシンプルではないでしょうか。

上記の2で「1週間様子を見てみる」その際にあなたのこれまでのお腹の状況と、どう変化があるのか実感してみてください。

そしてポジティブな変化が見られる場合は、ぜひ私のようにゆるく継続してみてください。


1日たった2分だけ


時間にしたら、1の買物は早くて1時間で済みます。

2の摂取は、薬を飲むように水と一緒に摂取するだけです。だから朝1回を60秒。晩1回を60秒。1日たった2分だけです。

これをとりあえず2週間継続してください。おそらく、なんらかの変化を感じられるのではないかと思います。


※これは僕個人の体験からくる話であり、すべての人にとって効果を保証するものではありません。

デメリットも先に伝えておきます


時間も取られず、かかる費用も病院代に比べれば微々たるものでメリットとしては大きいとは思うのですが、デメリットも存在します。

それは、「実践中はお腹がくだります」

ということです。

もよおす時間がなかなか読めないので、なんとも言えないところもあるのですが、、(今も記録をつけながら観察中です)

だいたい、夜に摂取して、朝一番に飲む基本スタイルでは、

朝に1回排出します。それから午後3時あたりまで、少なくて1回。多い時で3回程度もよおします。

なので、少なくて朝と昼1回の計2回の排出。

多い時は、朝1回、昼3回の計4回程度の排出が私がこれまで実践してきた大体のデータになります。

私はフリーランスなのでいつでもトイレに行ける環境にあり、特に不都合はありませんが、

・外でのお仕事の方

・急なお腹のくだりは困るというお仕事をしている方


などには実践が難しくなってくるかと思います。

下痢型の人はいつもの日常とそれほど変わらないかと思うので、あまり気にはならないと思いますが、やはりこのようなデメリットは存在します。

土日限定で実践してみるのもありです


お休みが土日の方なら土日限定で実践してみるのもありです。

もしくは、日中のお仕事になるべく支障のきたさない、夜寝る前だけの摂取で実践していくこともありです。

ただし、ベストである朝晩の摂取と比べれば、物理的に頻度が落ちるため、あなたが望むところまでは時間がかかることはあなたもご理解いただけると思います。

「今もお腹下ること多いんで、別に変わらないから構わないですよ」

という勇気ある方は、アイテムの摂取期間中「2週間」はいつでもトイレに行けるような体制を整えておくとベストです。


「わかりました。。では、期間はどれくらい継続すればよいのでしょうか?」

一生そのアイテムを摂取しなければいけないのですか?


そうあなたは不安に感じているかもしれませんが、はじめに言っておきますと、ご紹介するアイテムを一生飲み続けなくてはならないことは、まずあり得ないと思っていただいて大丈夫です。

私がはじめに行った「50%程度改善したアクティビティ」で約3ヶ月の期間を集中して実践しました。

その後に、今回のアイテムを摂取し始めたのが2019年の5月。私の体感では、知らないうちに改善されていましたので、明確にはお答えできませんが、2019年の暮れには症状で悩んでいた悩みを忘れ去っていたくらいです。

期間にして、7ヶ月。

ですが、ゆるく実践していたので、プッシュして取り組んでいればさらに期間は短くなったのかもしれません。

なので、「一生摂取し続けなければいけない」ものではないことはご理解ください。

再度繰り返しますが、

私はまだトイレに入ってからの放出されるまでの時間が長い、というのをどうにかしたいと思っていて、実は今も定期的に続けています。(要はスルッと出して3分で済ませたい)

このため、私は好き好んで現在も自分のペースで摂取し続けています。

以上、これらの実践ができる方、理解できる方にはお役に立てられるのではないかと思います。

ここらへんでこの症状ともおさらばしませんか?


ここで、もう一度このアイテムを使い私がどう変化したのかをまとめると、

・脂汗が出るほどの急な下痢痛でトイレに駆け込むことがなくなりました

・ガス溜まりやガス漏れで恥ずかしい思いをしなくなりました

・仕事中やデート中、夜の営みでも支障をきたさなくなりました

・ニキビなどが消え、お肌がキレイになるという副産物もありました(女性にはうれしいですね)

・もう1つの副産物として体が少し軽くなりました

※これらは僕個人の体験からくる話であり、すべての人にとって効果を保証するものではありません。


私がこれからお伝えしようとするのは、一時的であり、その場しのぎの対処療法的なことを言うつもりはありません。

またよく聞くであろう、「物事の味方を変えてメンタルを強化しよう!」

というものでもありません。たしかにマインドも極めて重要ですが、それで症状が緩和されるほどシンプルなものではありません。

僕が上記のことをしても一向に変化はなかったように、さらに根本的なアプローチをしていかないと、いつまで経っても症状は変わらないのではないかと思ってます。

もし、あなたが本気で僕と似たような症状をどうにかしたいと思っているのであれば、1回のディナー代にも満たない金額を私の実体験ノウハウに投資してみてください。

それでは、あなたからのお喜びの声を楽しみに、先のページでお待ちしております。

あなたの症状が一刻も早く良くなりますように。

急な下痢をナチュラルに克服した37歳(男) カズさん


追伸:

この記事は、ある一定の数が読まれるようになりましたら、通常価格(9,700円)に戻す予定です。

そして、この記事を初公開していく今だけの期間限定特典として、2大特典をおつけします。

ボーナス特典1:『メールサポート半年間』


メールサポートを3ヶ月間延長し、今だけ6ヶ月間とします。

おそらく、不安なことも出てくることでしょうから、その時は迷わず私にメールをください。

・アイテムの買い方がどうしても分からない

・本当に私でも大丈夫なのか心配だ

・実践中はなにかと相談したい

などありましたら、ご安心して私におまかせください。

なので、実践できないということは確実にクリアできると思います。

そして、1ヶ月後、2ヶ月後に感じることもすべてお話ください。あなたのその時に感じる不安や悩みを私が吹き飛ばします。

※先に断っておきますが、一般的な礼儀や節度のない方のサポートはお断りさせていただきます。

ボーナス特典2:【30日間限定】オンライン個別相談会30分(10,000円相当)


この先を読むことを決断してくれた本日から、30日間限定でオンライン個別相談(30分)を受け付けます。

・とりあえず話を聞いてほしい。

・具体的なスケジュールを会話として話したい

・いくつか質問をしたい

など、一緒にお話してみませんか?

もちろん、具体的な目的がなくても大丈夫です。フリーの雑談でもOKです。リラックスしてこの機会を活用してもらえればと思います。

私は別で各種コンサルティングを1時間2万円で提供しているのですが、今回30分ということで1万円相当の価値を提供します。

※返金された場合は、特典は無効となります。ご了承ください。


※この先を読まれる前に3つの注意事項※


①:妊婦の方や授乳中の方にはオススメできません。(左記の状況ではないタイミングでお試しください)

②:実践中はお腹がくだることが予想されます。本文に記載の説明をよく読みご判断ください。

③:これまで語ってきた内容は僕個人の体験からくる話であり、すべての人にとって効果を保証するものではありません。



この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる