MENU

『サイコパス的魔法』を使って32日で彼女が出来た! ~【みっちゃん式】恋愛恐怖症克服法~

『サイコパス的魔法』を使って32日で彼女が出来た!   ~【みっちゃん式】恋愛恐怖症克服法~

『サイコパス的魔法』を使って32日で彼女が出来た! ~【みっちゃん式】恋愛恐怖症克服法~

1 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
目次

~序章~【今すぐ彼女が欲しいあなたへ!】

あなたは恋愛で


「好きな人に嫌われるんじゃないか」


と考えて上手く接する事が出来ない、


好きな人と話をしようとすると


緊張してしまい、


「どうしても上手く会話が出来ない」


そんな経験をした事はないですか?



想像してみてください。


もし好きな人の前で


まったく緊張せずに接することが出来る


『魔法』


があれば、あなたはどうしますか?


◆はじめまして、みっちゃんです。


簡単に自己紹介させて頂きます。


みっちゃん、30代中頃の、まぁまぁオッサンです(笑)



ぼくは、自分で言うのもなんですが、


非モテ男子の代表(泣)でした。


年齢=彼女いない歴。


童貞くん。


コミュ障‥‥、


いわばその方面ではエリートと言っても過言ではない、


『キングオブ陰キャ』


だったのです。



例えば過去にこんな経験をしました。


家の近所にあるコンビニの店員女子が


何となく気になりだしました。


ある日の事です。


その女子がレジにいて、


ぼくは緊張しすぎてレジの前で転んでしまいました。


彼女は優しく


『大丈夫ですか?』


と言って、ぼくを助け起こそうとしてくれたのですが、


ぼくは気が動転していて、


慌ててコンビニから走り出していたのでした。


それ以来、そのコンビニには行けなくなりました(涙)



◆でも、今は違います。


今では優しい彼女がいます。


同棲しています。


過去のぼくは、同棲に憧れていました。


でも、残念ながら過去のぼくには


関係のないコトバだとも思っていました。



今、幸せです。


毎日が楽しいです。


朝起きたら、隣に彼女がいる‥‥。


すみません、気を悪くしましたよね。


(人の幸せなんて、どうでもいいんだよ)


今、あなたはそう思いましたよね。


はい、あなたの気持ちが解るんです、


何故ならば、


ぼくもずっとそう思っていましたから。



ぼくとは関係のない世界の出来事‥‥、


常にそんな風に考えていたんですよね‥‥。



◆今すぐ彼女が欲しいあなたへ!


あなたも彼女がつくれます。


恋愛の恐怖を克服して彼女をつくりませんか?


断言します!


『キングオブ陰キャ』だったぼくに出来たのですから。



あなたがもし本当に


『彼女が欲しい!』


と思っているならば、


ぼくが使った『魔法』をお教えします。


おかげさまで実際に彼女が出来ました。


誰でも簡単に使えるものです。



もし、この『魔法』に出会っていなかったら、


ぼくは今でもコンビニで転んでいるのでしょう(笑)




あなたも、


誰でも簡単に使える


『魔法』


を使って、彼女をつくりませんか?


★テーマ

『キングオブ陰キャ』であったぼくが、それまでの恋愛に対する恐怖心を克服して、

『キングオブ陰キャ』からの脱出、彼女をGET。心理カウンセラーのYさんとの出会いにより

新たな人生を歩み出したぼくが、『サイコパス的魔法』をあなたに教えます。

★コンセプト

自分自身にコンプレックスを持っていたり、トラウマを抱えていたりして、コミュニ―ケーションが苦手、ましてや異性と付き合う事など出来ない、そんな人たちに向けて、ぼくが実践した『魔法』を使って、購入者様に非モテを克服してもらう。

★特典のご紹介。

✅購入者様全員⇒購入後32日間無制限チャットサポート

心理カウンセラー資格を持つ、元『キングオブ陰キャ』みっちゃんが

あなたの質問等に無制限で対応させて頂きます。

✅購入者様全員⇒このBrainのアフィリエイト率50%での販売権利

✅レビュー特典⇒『恋愛恐怖症を克服する9つのコトバ』

『恋愛恐怖症を克服する9つのコトバ』をあなたへお届け致します。


~第1章~恋愛への恐怖&トラウマ

『人は何故、恋愛で恐怖してしまうのか?』

こちらをぼくと一緒に考えてみてもらえますでしょうか。


★恋愛で恐怖してしまうのは何故?


人は恋愛に限らず、


多くの人の前で話をしたり、


プレッシャーがかかったりすると


『心臓 』がバクバクしますよね。


恋愛経験を積んでいくと、やがて落ち着いてくるのでしょうが、


今好きな人がいるあなたにとっては、


そんな事は言ってられないですよね。



では何故このような状態になってしまうのでしょうか?


『自信がない』


という事が、


1つの原因としてあげられます。



でも、いきなり


「自分に自信を持ちましょう」


と言われても無理ですよね。


ぼくも自信など全然ありませんでした(汗)



★絶対に恋愛でミスが出来ない


もう一つの原因としては、


『恋愛でミスが出来ない』


プレッシャーに襲われているという


心理が隠れています。


好きになった人の前では緊張する、


その緊張のせいで、


好きになった人に


ほんのちょっとした失敗で嫌われたら


全て水の泡になるという


『 恐怖 』


から来ているんですよね。



★恋愛恐怖症



そういった恐怖が重なり、


最終的には


恋愛恐怖症となってしまいます。



恋愛恐怖症とは、


恋愛することに恐怖感があったり、


臆病になっていたりする状態ですね。




「今は仕事が楽しくて恋愛どころじゃない!」


「夢を追いかける事に集中したい!」


といった理由で恋愛に対してベクトルが向かない場合とは違って、



『恋愛するのが怖い‥‥


「恋愛に向けるエネルギーが湧かない」


などという、


恋愛に対して負の感情を抱いている状態ですね


「恋愛なんて自分とは関係のないモノ」

「結婚なんて出来るわけがない」


これは、かつてのぼくが考えていた事です。


恋愛恐怖症に陥る原因はさまざまですが、


恐怖を抱きながらも


『出来れば彼女が欲しい』


と思っている人も多いでしょう。


あなたも、少なからずそう思っているのではないですか?


★恋愛恐怖症を克服する!


恋愛することを怖がったり、


ネガティブに感じたりする人は、


恋愛恐怖症に陥っている可能性大です。


異性を好きになるには、


恋愛恐怖症を克服する事が


どうしても必要になって来ます。



ただ、ご安心下さいね。


あなたには


『魔法』


を使ってもらい、


恋愛への恐怖を感じなくなり


恋愛恐怖症が克服出来てしまう、


そんな状態になり、


好きな人と緊張せずに


➀楽しく会話が出来るようになる


②オシャレなデートスポットでデートする


③最終的に、お付き合いをする


つまり『魔法』を使う事により、


あなたに彼女が出来るまでの切符、


『恋愛成就片道切符』


をお渡しする事を約束させて頂きます。


★『キングオブ陰キャ』への道のり

ぼくの陰キャの歴史に少しだけお付き合い下さい。


★Kちゃん

小学校3年生までは、


ぼくもごく普通の子供だったんです。


あっ、普通ではなかったですかねぇ。



『吃音症』でした。



その影響もあって、


上手くコミュニケーションが取れませんでした。


友達も多くなかった。


でも、いつもそばには


Kちゃんという女の子がいました。




幼なじみでした。


Kちゃんと話す時だけは、


比較的上手く話せていました。




家が同じマンションの同じ階の2軒隣で、


学校に行くのも一緒、


家に帰るのも一緒、


クラスも一緒でした。



漫画とかでは、


ガキ大将グループがぼくをいじめて、


それをKちゃんが庇う、


みたいなシーンがよくあったりしますよね。




でも、


実際はそんな事はありませんでした。




ぼくとKちゃんは、


ただ何となく、


平凡な毎日を過ごしていたのでした。




大人になって、


ふとあの頃を振り返ると、


めちゃめちゃ幸せだったんだなぁ、


とかって思ったりもしましたね。




そんな平凡なぼくの日常に、


いきなり変化が起こりました。




Kちゃんが、


突然いなくなったのです。




いつもぼくの家に迎えに来る


Kちゃんが来ないのです。




いつも午前8時頃に鳴るはずの


チャイムが鳴らない、




母親が心配してKちゃんの家に行きましたが、


何の反応もないとの事でした。



★陰キャへの道


初めて、一人で登校。


もちろん、帰りも一人でした。


その日から、ぼくは陰キャの道を歩き出したのでした。




それから一週間後ぐらいでしょうか、


ぼくは気付いたのです。


あれ、今日誰とも学校で話していないかも・・。




結局小学校時代は、


友達は出来ませんでした。


中学校時代もそうでした。




やっと友達と呼べる人が出来たのは、


高校に入ってからでした。




B君はすごく性格の良い、


ナイスガイでした。


ただ、外見はかなり太めでした。




高校時代は、


いつもB君と一緒にいました。


そしていつも二人っきりでした。




ちょうどKちゃんとぼくとの関係、


それに近い感じでした。




B君と話す時は、


どもる事は


あまり無かったですね。




B君は真面目なタイプでした。


いつも笑顔で温厚な性格でしたので、


ぼくたちはケンカする事もありませんでした。




B君の影響もあったのでしょうか、


次第にぼくは太っていました。


高校時代の3年間で、


約30キロ近く太りました泣




★大学時代



大学に入ると、陰キャ仲間が急増しました。


ぼくは、インターネット同好会に入りました。


B君とは大学が別で


次第に疎遠になっていきました。




そこでの仲間は全員と言っていい程


陰キャでした。



なので、陰キャだった僕がむしろ普通、


そんな環境の中でぼくは、


『キングオブ陰キャ』


になりつつありました。




ある日、一人のサークル仲間から、


彼が働いている居酒屋のホールを


募集しているので働かないか、


と誘われました。




本当はイヤでしたが、


断りづらくて‥‥。




そのバイト先でぼくは初恋をしました。


その時二十歳、


かなり遅めの初恋でした。




一つ年上の黒髪ロング、


スタイル抜群の女性でした。




もちろん、うまく話す事なんか出来ず、


その女性と話そうとした時には、


自分でも何を言っているか


解らないぐらいに


緊張していました。




でも、その女性はいつも優しく


ぼくと接してくれていました。


笑顔が最高に美しかったなぁ‥‥。




ある日の事です。


その女性が店長と付き合っている事を


知ってしまいました。




店長は奥さんも子供もいたのに、です。


『不倫』


ってヤツですね。




閉店後、


ぼくが忘れ物を取りに店に戻ると、


二人っきりの薄暗い店内で、


●●●していました。




ぼくは、ショックだったと共に、


その女性の綺麗な乳房を、


少しの間、


テーブルの下に隠れて見ていました。




家に帰って、


しっかりと目をつぶって、


いきり立っているモノをこすりました!




実は今でもあの光景を思い出すと、


いきなり元気になってしまいます笑




★トラウマと恋愛恐怖症



次の日、店を無断欠勤しました。


そのままフェードアウト。




約6か月間の、


初めてのアルバイトを終えました。




この居酒屋での経験によって、


大変な想いをしながらも


吃音症をほとんど克服しました。




それは、ぼくにとって大きな収穫でした。


まあ確かに哀しい事もありましたが‥‥。




最高のオ●ニーの代償に、


それが一種の


『トラウマ』


になったのでしょうね。




女の子と話をする時に、


薄暗い居酒屋店内で見た光景が


脳裏に浮かぶという現象が、


元々あった


女性への恐怖に加味されるようになり、


ますます女の子と話をする事が


苦手になってしまいました。


せっかく吃音症が治りかけたにも関わらずです。




大学を卒業し、


IT関係の会社に就職をしても、


ぼくは童貞でした。


ずっと童貞のまま一生を過ごすのかな‥‥、


そんな風に思っていました。




すごく緊張した状態で


女の子と話したり、


付き合う事なんか


無理だしなぁ‥‥。




他人事のように、


そんな風に考えていました。




その頃には、


自分で言うのもなんですが、


ぼくは揺るぎない


『キングオブ陰キャ』


になっていたのでした。




そんなぼくの人生が急変します。


まず、ぼくの身に悲劇が降りかかりました。




その『事件』があって、


ぼくは変わる事を決意します。




そんな時です、


これが運命というヤツでしょうか、


『魔法』


に出会いました。




彼女が出来ました。


『魔法』


を実践して、


愛のある●●●、


そして新たな人生を手に入れたのです。


★サイコパスって、何ですか?

ここからは『魔法』と大きな関りがあります、

サイコパスのご説明を指せて頂きたいと思います。


★サイコパスの特性


『サイコパス』


あなたはこの言葉をご存じでしたか?


聞いた事がある方は多いと思います。


けれども、正確な意味を理解している人は、


もしかしたら少ないかもしれませんね。



サイコパスの一般的なイメージは


『残虐な犯罪を犯す人間』


『人の心を持たない危険人物』


といったところが、一般的なイメージでしょうか。



実はサイコパスの根本の特徴には


『恐怖を感じない』


というものがあります。



ですので、サイコパスは条件が整えば


最悪の場合、


凶悪な犯罪者になる要素も


持っているのです。



けれども、逆に恐怖心を持たないがゆえに、


その力を良いベクトルに向けると、


優秀な人材で、


社会の役に立つような仕事についている、


そういった方も数多くいらっしゃいます。



★サイコパスが多い職業


サイコパスが多い職業としては、


『企業の最高責任者(CEO)』


『弁護士』


『芸能人』


『営業マン』


『外科医』


などが有名です。


簡単に言うと成功者に


サイコパスって多いんですよね。


やはりどれも大きなプレッシャーを抱えながら、


毎日の仕事をこなす職業ですよね。


でも、一方では、他人の嫌がるようなことや


想像もできないような犯罪を犯す人も


いるのもまた事実。


つまり、サイコパスには良いサイコパスと


悪いサイコパスがいるんです。


そして、良いサイコパスのことを一次的サイコパス、


悪いサイコパスのことを二次的サイコパスと言います


一次的サイコパス


→社交性・外向性が高い


コミュニケーション能力が高い


魅力的


トーク力が高い


勇気があってリスクをとれる、


恐れない


他人に流されない


決断が早い


メンタルが強い


合理的


感情の切り離しが上手い



二次的サイコパス


→ただの自己中


わがまま


空気が読めない




この中で、一番想像しやすい


『外科医』


を例にとってみますと、


『恐怖心を感じない』


からこそ


『失敗したらどうしよう』


といった恐怖心がないので、


手が震えることもなく


難しいオペを成功する事も可能になる訳です。


そうすると世界的に有名な名医になれる、


そんな可能性も高くなる訳ですよね。



●サイコパス的魔法!


その、サイコパスの恐怖を感じない特性は、


恋愛でも、


もちろん発揮されます。



『恋愛で恐怖する理由』


の箇所で書きましたが、


恋愛で


『嫌われたらどうしよう』


だとか


『緊張して上手く会話が出来ない』


だとか、


こういったものは全て


恐怖心からくるものでしたよね。


そうです、


ぼくはいつも恐怖と戦っていました(笑)



そして、サイコパスの特性はというと、


『恐怖を感じない』


でしたよね。



つまり、そのサイコパスの特性を


恋愛に活用しているのが、


今回、あなたにご紹介する、


『サイコパス的魔法』


となります。




本編ではサイコパスの特性を真似て、


恋愛において


『恐怖しない方法』


を3つご紹介しますね。



あなたも『魔法』の力で


彼女をGETしてください。



あっ、どうぞご安心下さい。


『キングオブ陰キャ』だったぼくが、


『魔法』


を知ってから32日後、


見事に彼女をつくれたんですから!


この後の目次です!


~第2章~『キングオブ陰キャ』からの脱出

僕は『サイコパス的魔法』を知ってから32日間で彼女が出来ました

~第3章~サイコパス的魔法

★サイコパス的魔法➀

好きな人の顔を見ると緊張する。

それならば、●●を使って見えなくする!

★サイコパス的魔法②

好きな女性にあなたを●●●に好きにさせる!

★サイコパス的魔法③

サイコパスに似た脳を持った●●●がしている習慣を取り入れ、

サイコパス脳をゲットする!

~終章~

●特典説明

●元『キングオブ陰キャ』より、これから幸せになるあなたへ!


では、本編でお会いしましょう。

ポチっと、宜しくお願いします。


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

1 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
Mr.X

自分にも、すぐに出来る内容でした。

まずは書かれている内容を実践してみます。しっかりと行動していけば、何とかなりそうだ、そう思っています。 実は初めは、「サイコパス?何だか怪しげ」、みたいに思っていましたが、しっかりとした内容でした。ありがとうございます。

この記事を購入する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる