MENU

【恋愛を支配】ドーパミン操作の心理学テク

【恋愛を支配】ドーパミン操作の心理学テク

【恋愛を支配】ドーパミン操作の心理学テク

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0



どもー。紬ゆいです。


人間は脳の操り人形。


甘いもの、お酒、ギャンブル、SNS、ゲーム、宗教、恋愛。

やめようと思ってもやめられない。


それらに恋をして、中毒になり、依存するようになる、なぜか?


それは、脳が私たちを操っているからです。


一方、意図的に相手の脳を操作することができれば


相手の脳を意図的に操作することができれば、相手を自分に惚れさせたり、自分に依存するように仕向けたり、相手をハックしたりすることができます。


相手の脳を意図的に操作できれば、相手を自分にハマらせる、依存させるなど、ハッキングすることができる。


恋に落ちる瞬間、ドーパミンは0.2秒で脳内を駆け巡ると言われています。


脳は快楽を求め、不快を回避するようにプログラムされています。


つまり、脳は強烈に快楽を再び求めるのです。


恋愛とは切っても切れない関係にあるのです。


ここで、「幸せホルモン」「快楽ホルモン」とも呼ばれる脳内麻薬のドーパミンを見てみましょう。


この記事は、購入者が増えるごとに、
100円→200円→400円→800円→1,600円→3,200円→6,400円→12,800円(最大)
と価格が上がります。「続きが気になる!」と思ったら、お早めの購入が絶対にお得です。


ドーパミンが発見されたとき、いかに脳をコントロールする力が強いかを示す実験がある。


それは、1953年にモントリオールの若い科学者が行った、ラットの脳に電極を埋め込んで恐怖反応を再現する実験が元になっています。


ところが、ラットは電撃を嫌がり、逃げるどころか、電撃を受けた場所に、まるでそれを求めるかのように何度も戻ってきた。


実は、科学者たちの経験不足から、誤って電極を直角と呼ばれる部位に埋め込んでしまったのです。


これはまさに報酬中枢と呼ばれる部分で、刺激を受けるとドーパミンが分泌される。


その後の実験で、ラットにレバーを押すと即時角を刺激する装置を取り付けたところ、ラットは食べることも、水を飲むことも、交尾の機会に興味を示すこともなく、1時間に2000回近くレバーを押し続けました。


さらに、電流を流す網の両端にレバーを置き、それぞれのレバーを交互に刺激していった。


ラットは、やけどで足が真っ黒になって動けなくなるまで、電流の網の上を行ったり来たりし続けた。


人間でも同様の実験が行われ、電極の角に電流を流すと、


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる