MENU

うつ病でも障害年金の申請はできます!!障害年金の申請をする為に知っておくべき事とは?!

うつ病でも障害年金の申請はできます!!障害年金の申請をする為に知っておくべき事とは?!

うつ病でも障害年金の申請はできます!!障害年金の申請をする為に知っておくべき事とは?!

simacat
2020-03-14
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

障害年金という年金制度をご存知でしょうか?

体に障害を抱え通常の生活が送れない為、健常者と同じ様に収入を得る事のできない方々への年金制度です。

国民年金や厚生年金に加入し、保険料を納めている方であれば申請を行えます。

そして障害の度合いにより、等級がつけられ、等級に基づいた金額を障害年金として受け取る事ができます。

怪我や病気により、健常者と同様の収入を得る事ができなくなった時、障害年金を頂く事を考えてみては如何でしょうか?

今回は障害年金の申請に至るまでをご紹介いたします。


1.障害年金とは

2.どの様な方が対象なのか

3.インターネットで調べる

4.専門家に相談

5.必要な書類や手順

6.申請のヒント

7.最後に

1.障害年金とは

障害年金は、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることができる年金です。
障害年金には「障害基礎年金」「障害厚生年金」があり、病気やケガで初めて医師の診療を受けたときに国民年金に加入していた場合は「障害基礎年金」、厚生年金に加入していた場合は「障害厚生年金」が請求できます。
なお、障害厚生年金に該当する状態よりも軽い障害が残ったときは、障害手当金(一時金)を受け取ることができる制度があります。
また、障害年金を受け取るには、年金の納付状況などの条件が設けられています。

日本年金機構 障害年金 180010-849-004-176 更新日:2019年4月1日 より引用

障害年金は、現役世代も含めて、年金という形で受給を受ける事ができます。

現役世代とは主に20歳から60歳までの年金保険料を納めて、年金制度を支えている世代です。

年金という言葉出てしまうと、老後に頂けると物というイメージがありますが、現役世代でも頂く事のできる年金の制度なのです。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる