MENU

三位一体とはどういうこと?神は自分の理解と思いをはるかに超えた方 ★キリスト教入門★

教会に行き始めたころ、ある先生から、「神は人間とは全く違う偉大な方です。私たち人間が、神を知り尽くせると思いあがってはいけません」という助言をいただきました。

私はその後、真の神が自分の理解と思いをはるかに超えた方であることを知らされ続けてきました。

そしてこの偉大な神をほめたたえ、敬い、おそれることを学び続けさせていただいています。

「三位一体の神」が人間の知恵を超えた方であり、三位一体の教えが、私たちに完全には理解できない神の真理であることを認める必要があります。

目次

三位一体とは?

父なる神と子なる神(イエスキリスト)と聖霊なる神の三つの人格を持っておられながら、ひとりの神であるということです。この三位一体という言葉は聖書の中には出てきませんが、三位一体の真理は、聖書がはっきりと教えていることです。

キリスト教の異端や、多くの新興宗教などは、三位一体の神を否定しています。気をつけてください。

三位一体とは、三つのものが一つであるということではなく、三つの人格が一つであるということです。

真の神は三つの人格が完全に一つで、心から愛し合っておられ、考えも願いも一つになって、父、子、聖霊としての、それぞれの働きをされるのです。

三位一体の神が世界を創造なさった時には、父なる神が世界を設計され、子なる神が創造計画を実行され、聖霊なる神がすべてのものの中に働いて世界を完成されました。

また、三位一体の神が私たちを救われる時には、父なる神が救いの計画を立てられ、子なる神であるイエス・キリストが救いの計画を実行され、聖霊なる神が私たちの中に働いて救いを実現してくださいます。

三位一体の神は、いつも一緒に一つになって働いておられるのです。

神は「平和の神」

三位一体の神は、父、子、聖霊の三つの違う人格があり、それぞれが違う働きをなさっていながら、いつも、完全に一致しておられる、平和の神なのです。

三位一体の神は、永遠から永遠まで、完全な愛と完全な平和の神であり、私たちに完全な愛と平和を与えてくださる神なのです。

私たちクリスチャンは、三位一体の神を信じています。

そして教会は、三位一体の神を信じた人々に、「父、子、聖霊の御名によって」洗礼を授けます。

クリスチャンは教会で共に、三位一体の神を礼拝し、お互いのために、父なる神の愛、御子イエス・キリストの恵み、聖霊の交わりを祈り合います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる