MENU

悩みの原因が自己肯定感が低いからだと思っている人は、必ず見てください。

悩みの原因が自己肯定感が低いからだと思っている人は、必ず見てください。

悩みの原因が自己肯定感が低いからだと思っている人は、必ず見てください。

miko
2022-10-03
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

ここでは、自己肯定感を上げるために必要な理解や、具体的にやるべきことをまとめました。

ここに書いてあることを実践すれば、ささいなことで落ち込むことがなくなったり、他人の一言に一喜一憂しないで、自分らしくいられるようになります。

特にネガティブな感情に振り回されない自分になれます。


私自身が自己肯定感が低くて、いつもいつも他人の目ばかり気にし続けていました。

自分らしくいられないことがものすごくストレスで嫌でした。周りを気にしながらお仕事をしていたので、全然楽しくないし、余裕もなく、毎日が苦しくてつらかったです。

そんな私でも、自己肯定感をこつこつと学んで、自信をつけていくことで、格段にこころに余裕が生まれました!

仕事をしていても心から笑える時間が増えて、仕事をしている自分を好きになれました。


自己肯定感をあげて自分らしく振る舞いたいと思っている方におすすめです。


取り組むことは、自分が自分に対する扱い方を変えることです


主に9つにまとめました!


1、認める

自分で自分のことが認めることができるようになると、心の状態が間違いなく安定します。他人の反応に振りまわされることがなくなります。

2、励ます

誰かに傷つくことを言われたり、否定的な態度を取られたりしても、極端に落ち込むことが少なくなり、心のダメージが最小限になるので、心がとにかく楽になります。

3、信じる

自分を信じることができることで、やりたいことや目標など行動に移すことが早くなったり、何かに取り組む時のモチベーションを高く保てるようになります。

4、存在自体を肯定する

自分自身のベースを無条件に肯定することで、安心感を感じることができます。

5、セルフイメージを書き換える

自分が望んでいるようなセルフイメージにすることで、自分自身の振る舞いを変えることができます。

6,自分にやっている否定、責める、攻撃をやめる

自己否定を辞めることで、1日の中の無駄なエネルギーを使うことがなくなり、本来の自分を発揮することに労力を使えます。自己否定により疲れることがなくなります。

7,自分軸を育てる

自分の本当の心の声がいつもはっきりわかることで、相手に合わせて我慢したり、遠慮したり、気を使い過ぎたりすることがなくなります。

8、過去のネガティブな感情を解放する

過去の自分が抑圧してしまった感情は、どこかに消えてしまったのではなく、必ず体の一部分に残っています。自分と向き合って、感情を吐き出すことで、心も体も軽くなります。

また、自分のどんな感情にもOKを出せるので、自分で自分を大事にすることができ、自己肯定感は上がります。

9、自己受容をする

自己受容ができないと、自分を否定することが増えてしまい、苦しくなってしまいます。自己受容の範囲を広げた分だけ、自分を認めることができるので自己肯定感が上がります。自己受容ができれば、心が安定し、体もリラックスできます

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる